子育てママ陽子の生きる道

第8回:扶養とか保険とか税金とか、よくわからないね

独身の時は生活のために毎日仕事をし、
給料を貰って額だけを見て満足したり
悲しんだりしていました。

けれども結婚してから、保険料とか税金とかの
チェックもするようになったのです。

主人もそんなに税金関係に詳しくなく、
自分の給料からどれくらい取られているか
わからないみたい。

よく働けば働くほど税金が取られるって言うけれど、
一時期、収入が多かった明細書を見れば、
税金の高さがわかります。

こんなに〜って感じ位、
税金が徴収されていました。

そのほかにも雇用保険とか、給料がアップすれば
一緒にアップするんですよね〜。

でももしもの時に役立つので、
雇用保険のアップはさほど気になりません。

問題なのが扶養ですよね・・・。

税金とかの問題から、私は働くとしたら
扶養内って決めています。

ガッツリ働くのであれば、こういうのを
気にせず働いたほうがお得らしいんですね!

まずこれまでは15歳未満だったかな?

年少配偶者控除が出来ていたのが、
税制改正で排除されてしまいました。

変わりに子ども手当てとして支給するとのことでしたが、
結果として扶養控除が廃止され子ども
手当ても満額支給されないまま児童手当と
変わらない額になってしまいました。

けどまだ配偶者控除は廃止されていません。

よく言う103万円の壁とか
130万円の壁とか聞きますよね?

わたしもよく友達に、
「働きに出るなら103万円以内にしなよ〜」って言われます。

それ以上働くと、配偶者控除が受けられなくなり、
社会保険からも外されて働き損になってしまうんだとか・・・。

でもよく調べてみると、
それは104万とか年収が低い場合みたいですね!

赤字を出さない働き方なら年収200万とか、
高い給料を貰わないといけないみたいです。

なので私は働くとしたら、
やっぱり年収103万円内に抑えたいな〜
って考えています。

月に計算すると約86000円程、
それから雇用保険などが引かれるけど、
家計はかなり潤うと思います。

やっぱりパートが一番無難なのかしら。

最終更新日:2013年10月
Copyright (C) 2013 子育てママ陽子の生きる道. All rights reserved.

バックナンバー